メダカ水槽の『油膜対策』身近な〇〇でキレイスッキリ!

メダカ水槽の『油膜対策』身近な〇〇でキレイスッキリ!

メダカランキング

メダカ初心者の強い味方、白山メダカのYOUです。

引き続き、『メダカの稚魚を育てる』シリーズいっちゃいますよー✨✨

 

タマゴ段階の管理については、まとめページを設けたので、
ぜひコチラも覗いてみてくださいねー😊

 

今回は、メダカを飼育する上で発生しちゃう
『油膜』について、身近なあるモノで対策ができちゃうので紹介します✨

これを知らないと・・

水面に油膜が張って、エサがパァーっと広がらずに水質悪化・・

特に弱い稚魚の間は、水換えはなるべく避けたいので、ここは非常に重要な問題です。

せっかく生まれてくる命ですから、大事に育てたいですよね😊

とはいえ、身近なあるモノでカンタンに油膜は除去できるので

ぜひ続きを読んでくださいね😊

 

それじゃいってみましょう😊

 

メダカ飼育の油膜対策は

ティッシュを浮かべよう★

はい、いきなり結論ドーン😊

特に稚魚(針子)をエアレーション無しで飼育してると

わりとすぐに直面しますよね・・😅

中でもタチが悪いのが、

「油膜」

これってバクテリアの死骸だとか

なんとか言われてますが、

油膜張っちゃうと、

粉エサがパァ〜っと広がってくれません。

 

見た目もギラギラして悪いし・・

カンタンに解決するには、

  1. エアレーションを行う
  2. 物理的に除去する

この2択になってきますが、

特に生まれたての針子

にはエアレーションの弱い水流でも

泳ぎ疲れて死んでしまう原因になっちゃいますので、

生まれて1ヶ月は、
 

エアレーションはオススメしません❗️

 

というわけで、物理的に除去するしかないのですが、

ここでティッシュが活躍するんですねー✨

それではYOUが実際に使ってる様子を紹介しますね😊    

 

テッシュを浮かべて回収するだけw

我が家の「王妃」飼育水槽です😊  

うちは玄関に置いてることもあり、

基本的には毎朝、  

エサやり前のタイミングで、  

このようにティッシュを浮かべて回収してます✨ 

メダカ 針子

別に難しいことは無いのですが、  

 パッと広げて、ツーっと手前に引くだけですw   

よく「針子まで捨てちゃうことになりませんか?」   

と聞かれますが、そんなことはありませんよ😊   

大丈夫です😊   

 

あと気にかけているとすれば、  

沈んでしまう残りエサは、  

スポイトでなるべく吸い出すようにしてます✨    

 

こんだけやれば、  

アルビノで難しい王妃でも  

しっかり育てることができますよー😊

それじゃ最後にもう1回❗️

 

メダカの油膜対策には
ティッシュを浮かべよう

まだ使ったことない人は、

ぜひ取り入れてみてくださいねー😊

メダカ飼育はコツさえつかめば、

ホントお手軽・カンタン😊

 

では今日も楽しいメダカライフを✨✨

白山メダカのYOUでしたー😊

また次回もお楽しみに〜✨

 

『針子・稚魚飼育』に関する記事を1ページにまとめました。
『針子・稚魚飼育』まとめページ

 

公式LINEはじめました😊

友だち追加

↑白山メダカとLINEで繋がりませんか?

メダカに関するご相談やお問合せも随時受け付けます✨

遠慮なくお問合せくださいねー😊