ラムズホーンは『水槽のお掃除ロボット』ラクして水槽をキレイに

ラムズホーンは『水槽のお掃除ロボット』ラクして水槽をキレイに

メダカランキング

メダカ初心者の強い味方、白山メダカのYOUです。

前回記事に引き続き、

『飼育水』の話題になります😊

最近、チラホラと初心者さんからの
LINE問い合わせをいただきますので、
そんな初心者さん向けに、今回は・・

ラムズホーン』の活用について、
ご紹介しようと思います😊

 

================
まとめページ作りました

タマゴの管理まとめ

針子・稚魚の育成まとめ

↑随時更新していきますよー😊
================

公式LINEでお友達になりませんか?😊

LINEで随時メダカの相談を受け付けておりますので、
どうぞ遠慮なくお問い合わせくださいねー😊

友だち追加

↑友だちに追加するだけで、白山メダカYOUと繋がれますよ✨

 

これからアナタが、メダカ飼育を

ラクして、安定的に

行っていくうえで、知っておいてほいしいことが

ラムズホーンの活用』です😊

 

これを知らないと、
アナタは毎週のようにせっせと水換えをするハメになります😅

 

水換えは、魚にとっては、快適さにつながるように見えますが、

当然、水質がガラっと変わるわけですから、
メダカの魚体にとって、良くも悪くも刺激にもなります😅

 

それが産卵を促すような
いい刺激になればいいのですが、

水換えをきっかけに、産卵がストップしてしまう・・
調子を崩してしまう魚も出てくるんですね😅

 

私が考えるメダカ飼育理想は、

全く水換えをしなくても、
水質が維持できること

だと思っています😊

 

今回の記事を読めば、

アナタの水槽の水換えの頻度を落とすことができます❗️

アナタの水槽がほったらかしでもキレイになります✨

アナタの水槽の魚たちが調子を崩しにくくなります❗️

初心者の方はぜひこの機会に
ラムズホーンを導入して、
これから始まるメダカシーズンに備えてくださいね✨

それじゃいってみましょう✨

 

水槽をキレイに保つ『ラムズホーン』

前回の記事では、

水換えの意味に触れながら
『硝化サイクル』についてご紹介しました😊

 

今回はその続きになりますが、

私は屋内・屋外問わず、

水質をうまく維持していくために、
色んな仲間達とうまく付き合っています。

今回はその中でも一番オススメな

『ラムズホーン』をご紹介しましょう😊

 

ラムズホーンってどんな巻貝?

アクアリウムの世界で有名になった巻貝ですが、

インドヒラマキガイという名称で、

最大15mm程度の小型の巻貝です。

小さなタニシみたいなもの。

雑食性で、

『エサの残り・コケ・メダカのフン』

など、色んなものを食べてくれます✨

 

不思議なことに、雌雄同体で、自家受精ができる貝で、

ほったらかしておくと、勝手に増えていきます😊

 

卵生で、1度に10〜20個程度の卵塊を産みつけ、
稚貝は孵化して1ヶ月程度で産卵可能になります😊

繁殖期は、屋外であればメダカとほぼ同じ時期ですね。

6月から10月あたりが産卵シーズンとなります😊

 

メダカと違って、過密飼育なんて気にする必要ないので、
増えても全く困りません。

私は屋内・屋外ともに色んな水槽にドボンしてます😊

 

ラムズホーンはコケ取り名人

ラムズホーンも実は色んな種類があるんですが、

我が家の水槽に入れてるのは

『ピンクラムズホーン』

という巻貝になります😊

ラムズホーンも色んな種類がいるみたいですが、

ぶっちゃけ『ラムズホーン』という名前がつくヤツなら、なんでもOKです✨w

 

この巻貝のいいところは、

水槽のコケを食べてキレイにしてくれる

という部分ですね😊

 

皆さん、ご存知のとおり、水槽ってのは、

放っておくとすぐコケだらけになっちゃいますよね😅

当然、コケがついてるということは、

アンモニアがきちんと分解されて、

無害の液肥になってコケが吸収してるという裏付けにもなるので、

水槽内の硝化サイクルがうまく回っているということになります😊

ですが、やはり屋内水槽は、ある程度見た目も重要・・😅

 

ここでラムズホーンの出番です😊

 

ラムズホーンの使い方

使い方はとてもカンタン!

コケが気になる水槽に入れておくだけw

これだけで、ラムズホーンたちが勝手にコケをむしゃむしゃしてくれるので、水槽がキレイになります😊

あれっ?思いのほか汚い・・?

と思われたかもですが、

この水槽は、2日前まで茶ゴケびっしりだった水槽です😅
(写真撮っても茶色で何も見えなかったので写真ないですがw)

 

繁殖用の屋内水槽なので、
メダカもずっと調子いいし、
コケついても放置してたんですが、

ブログのネタも兼ねてw
別の水槽から3日前にラムズホーンを20匹くらい投入しました😊

 

今回は、たった3日で、
水槽の8割をキレイにしてくれた
ので、
1週間もすれば、ほぼピカピカになります😊

YOUの場合は、ある程度汚れてから、
色んな水槽からラムズを借りてきて、
20匹くらいまとめて投入してます😊 

んで、水槽がキレイになったら、
また少しだけラムズ残して、別の水槽へw

 

おかげで水槽を自分で洗うことなんて、ほぼありませんw

もはや『お掃除ロボット・ルンバ』ですね。

 

ちなみに繁殖力も強いので、そのうち勝手に増えていきますよ😄

ラムズホーンはホントおすすめです✨

 

ラムズホーンの入手方法

私の場合は、最初のタネ親はヤフオクで購入しました😊

送料込みで1000円も出せば、お釣りがきたと思います😅

ペットショップやアクアショップでも売ってると思いますが、
ラムズくらいならヤフオクで安く購入するのがオススメですねー😊

コケ取るだけなんで、血統なんかも気にしなくていいしw

 

あとは、シーズン中、勝手に増えていきますからね😊

初めは10匹も買っとけば十分ですよ✨

 

冬場も加温水槽なんかで使うと、

水質維持がかなりラクになりますよ😊

 

メダカ飼育ととても相性の良い貝だと思います😊

ぜひヤフオクでポチって、皆さんの水槽にドボンしちゃってください😊

 

ラムズホーンをうまく使って水質維持をラクしよう

今回は、ラムズホーンについて、ご紹介しました😊

ホント水質維持がラクになるので、オススメな巻貝です😊

針子水槽なんかにも最高ですよ✨

水換えができない針子の水槽でも、

残りエサを食べてくれたり、メダカのフンを食べてくれたり、
ほんと勝手にキレイにしてくれますからね😊

特に、屋内飼育をしている方は、導入して絶対に損しない巻貝だと思います😊

(YOUはカワニナも使ってますが、ラムズの方がコケとり戦闘力1.5倍くらい高いですw)

 

今回を踏まえたうえで、次回は、YOUの別のタンクメイト

『カラーシュリンプ』

あたりをご紹介しようと思います😊

 

この辺をうまく使って、バランスをとってやる事で、

『水換えのいらない強い水』

にどんどん近づいていきますからねー😊

 

メダカ飼育はコツさえつかめば、

ホントお手軽・カンタン😊

では今日も楽しいメダカライフを✨✨

白山メダカのYOUでしたー😊

また次回もお楽しみに〜✨

公式LINEやってるので、
メダカのお悩み、ぜひご相談ください😊

友だち追加

遠慮なくお問合せくださいねー😊

今後はLINE友だちだけの特別なプレゼントなども予定してますので😊

ではではー😊