メダカ針子の体形選別(孵化後2週間の体形選別でトビを抜こう)

メダカ針子の体形選別(孵化後2週間の体形選別でトビを抜こう)

メダカ初心者の強い味方、白山メダカのYOUです。

今回はメダカの選別の方法を紹介していきますよー😊

 

突然ですが皆さん❗

針子は順調に育ってますかー??

順調でしたら、そろそろ体格の違いが気になる頃ですね😊

トビが目立ち出すと・・ちょっと色々危険ですからねー😅

『えっ?体格の違いって、もしかしてヤバいの??』

そう思ったアナタ❗️

今回は短時間でサクサクっと体形選別をかけましたので、

ぜひ最後まで記事を読んでみてくださいね😊

================
まとめページ作りました

タマゴの管理まとめ

針子・稚魚の育成まとめ

↑随時更新していきますよー😊
================

 

針子飼育はトビが目立ってきたら要注意

我が家の針子水槽です😊

孵化からだいたい2週間の水槽ですが、ボチボチ「トビ」が目立ってきました😅

このポンと飛び抜けて大きい稚魚を「トビ」と言います。

 

このトビがこれから悪さをするんですね😅

小さい針子を追い回したり、下手すると食べちゃうようになります😅

そして、メダカを食べたトビは、またどんどん大きくなって、体格差がどんどんついていく・・

しかも、トビはたいてい、キレイな個体にはならない・・😅

成長の遅い個体ほど、極上の個体が混じるってもんです😅

 

言いたいことは伝わりましたかねー😊

はい、それじゃ早速トビを抜いていきますよー✨

 

体形選別(トビ抜き)スタート

今回はその辺に転がってた柄杓を使います😊

トビを含めて水をすくって、トビだけを別容器に移していきます😊

 

ここで注意するのは、トビを抜くって事です😊

針子は特にまだ弱いので、タモですくう際の水圧などで、

背骨ボッキリ・・なんてこともあるので、基本的には、直接触りません。

ですから、柄杓を使って、水ごとすくって、水ごと移動させる。

もし触る必要があっても、触るのは、『トビ』だけ😊

いくらスパルタ飼育とはいえ、
赤ちゃんには外的なダメージを負わせませんよー😊

 

こんな感じで、見た目で大きい体格差のある個体を全部抜いていきます😊

 

NV#13❌トロ舟#60で棲み分け

我が家では、NV13をトロ舟に入れて棲み分けさせてます😊

NVには穴を開けてるので、水質は60リットルの安定感で、

飼育スペースだけを区切ってやってます😊

この水槽は、トビが3匹だけいました😊

ちなみに、この時点で抜いたトビに、

先祖帰りしたような狙いの表現ではない個体がいれば、ハネ水槽行きです。

だいたいヒメダカっぽい薄いオレンジのヤツが多いかなー😅

 

ちなみに、この作業をすることで、

小サイズは追い回されることがなくなって、成長促進されますね😊

また1〜2週間すれば、今の小サイズの中からまたトビが出てくるので、

その時はNV13に再び移動させて、

60ℓのトロ舟水槽を大と小で分ける感じですねー✨

 

さぁアナタも週末は体形選別を

いかがでしたか??

体形選別は、そんなに難しい作業じゃないので、

次の週末にでもサクっとやっちゃいましょう😊

トビは定期的に抜いてあげないと、

ホントに針子が減ってしまう原因になっちゃいますからね😅

針子選別をやったことない初心者さんの

参考になれば幸いです😊

ではまた次回お会いしましょう✨

 

↓ブログランキングも、毎日YOUの密かな楽しみになってますので、ぜひクリックしてくださいねー✨

現在7位❗️皆さん応援ありがとうございます😊

↓応援クリックお願いします😊↓


メダカランキング

↑ポチっとしてもらえると、跳びはねて喜びます😊

 

⇨白山メダカのヤフオク出品情報

公式LINEやってるので、
メダカのお悩み、ぜひご相談ください😊

友だち追加

遠慮なくお問合せくださいねー😊

今後はLINE友だちだけの特別なプレゼントなども予定してますので😊

ではではー😊