メダカの卵が孵化するのに必要なのは、水と◯◯←これが重要!!

メダカの卵が孵化するのに必要なのは、水と◯◯←これが重要!!

メダカランキング

メダカ初心者の強い味方、
白山メダカのYOUです😊

今回もメダカの卵シリーズいっちゃいますよー✨✨

 

白山メダカでは、メダカ初心者の方に、

超やさしいブログを目指してます❗️

誰もが最初は初心者❗️

知らないことは恥ずかしいことじゃないですからね😊

まずは前回記事を読んでない方はコチラも✨

それじゃいってみましょう😊

 

メダカの卵が孵化するのに必要なのは
「水」と「光」だけ!!

なんかめちゃくちゃカンタンに書いてますけど、

実は、メダカ飼育って

ほんとにカンタンですからねー😊

なんかカンタンなものを

わざわざ難しく説明する人もいますが、

YOUは、カンタンなことは「カンタン」だと素直に伝えるタイプですw

 

じゃあえて難しくいえば・・

積算温度250度を目安に
メダカは孵化する

なんか難しいですよねw

こんなの別に知らなくても失敗しません😊w

とりあえず解説しておくと

水温25℃ ❌ 10日 = 積算温度250℃

こんな計算です😊

まぁ何度もいいますが、別に知らなくても失敗しませんヨ😊

 

それより大事なのは・・

 

水温と光

 これはぜひ覚えておいてください😊 

 まず水温ですが・・  

 

水温は20℃〜30℃が理想

これはとても重要です!  20℃を下回ると、卵の成長が止まってしまったり、
最悪は卵が死んでしまいます。 逆に30℃を超えるような水温の場合、奇形の発生率が上がっちゃいます。  あえて高温で管理して、ダルマやラメを狙う方法もありますが、それはまた別の機会に😅  でもこの20〜28℃の水温をキープするのは 案外カンタンですよ😊  このへんはまた別の記事でご紹介しようと思います。  

 

光は適度に当たればOK

 かなりざっくりしてますが、 YOUの場合は、

屋内のガラス水槽の天板の上に置いて管理してます。 

これも昔、実験してみたのですが、 
暗闇の中でメダカの卵を管理してみたんですね・・・

でも、 やはり孵化率が大幅に落ちました😅  

ある程度の光は必要だと思います。

それじゃ実際のYOUの事例を紹介しましょう😊  

 

メダカの卵管理の様子

 以前も紹介したように、
YOUの場合は玄関に置いてるガラス水槽の上に並べてます😊 

これって実は狙いがありまして・・

ゼリーカップにLED照明の明かりが下から当たることで、

カップ内のメダカの卵がよく見えるんです😊

 

ということは、

白っぽい無精卵がよーく分かります😊

無精卵って見逃すと、水カビの原因になって、

百害あって一利なし

ですからね😅

 

ついでに、もう1つ別の楽しみも✨

卵がしっかり透けて見えることで、

メダカの卵の細胞分裂の様子や

目玉が出てきたり・・・

という成長がしっかり観察できるんですねー😊

 

特に孵化が近くなると、

メダカが卵の中で「グリン」って動く瞬間も見れます😊

 

生命の息吹を感じますし、見ていて飽きませんよ😊

はたから見てると、卵をボーッと見つめてる。。
 

完全にヤバイ人ですがw

ぜひこの方法も試してみてくださいね✨

それじゃ今回の結論です😊

 

メダカの卵が孵化するのに

必要なのは水と光だけ!!

  • 積算温度250℃が孵化の目安
  • 理想の水温は20〜30℃
  • なるべく光を当ててやる(室内光でも可)

これくらいを頭に入れておいてもらえば

大丈夫ですよー😊

メダカ飼育はホントお手軽・カンタン😊

では今日も楽しいメダカライフを✨✨

白山メダカのYOUでしたー😊

また次回もお楽しみに〜✨

 

『タマゴ管理』に関する記事を1ページにまとめました。
『タマゴ管理』まとめページ

 

公式LINEはじめました😊

友だち追加

↑白山メダカとLINEで繋がりませんか?

メダカに関するご相談やお問合せも随時受け付けます✨

遠慮なくお問合せくださいねー😊